楽屋のれんはやっぱり良いもの

暖簾って風流ではないですか?

 一言のれんの生地といっても

■楽屋のれん店

■花嫁暖簾

店舗のれん

■ご自宅暖簾

と様々

風流なのれん

入口に風になびきながら佇むのれんは風流です。
何だか上質な爽やかさを感じます。
また、今は暖簾と言っても本当に様々。
左右長さが違ったり、技法もインクジェットプリントでつくったり。
伝統と現代の手法が重なってとても自由に想いのものが作れます。

昔ながらのもの。現代のもの。
どちらも素敵に共存出来ればもっといいものができる。
そんな考えがもっと普及したらいいですね。

のれんは、ディズニーランドのような違う世界への入口という考え方

私の中でののれんは、違う世界への入り口である。

店舗のれん
京都ではよく見受けられるが、一元さんお断りのお店。
これこそまさに常連様だけの別世界への入口
楽屋暖簾
役者様が舞台へ上がるときとあがる前
花嫁のれん
育て貰った家とこれから嫁ぐ家への入口

入り口にかける

加賀藩じゃ常識?石川県伝統の花嫁のれん

花嫁のれんというものはあまり聞き慣れない人もいるかもしれませんが、石川県を中心とした能登地方での伝統です。

元々は江戸時代末期から明治時代にかけた加賀藩での風習で、嫁ぎ先の仏間に掛けられたのれんを花嫁がくぐるというものです。
仏間に掛けることで御先祖様に向けて婚姻の報告をするのが目的の行事です。

のれんは加賀友禅で染められることがほとんどで、嫁いだ先の家紋と共に時間の長さを象徴する鶴と亀が描かれます。
それ以外のデザインは、落ち着いたものから鮮やかなものまで多種多様です。 そののれんはいつまでも掛けられているのではなく、1週間程度で仕舞われてしまいます。

あくまでも婚姻のために使用する道具としての役割であり、婚礼が終わると使われなくなることも少なくありません。ただ加賀友禅の高級品なので、着物のように受け継がれることもあります。 そしてただ婚礼のためだけに使われて、あとはずっと仕舞われたままだともったいないということで、現代では観光資源のひとつにもなっています。

明治時代から代々受け継がれてきた歴史あるのれんを展示する施設があったり、季節のイベントが開催されたりします。実際にのれんをくぐる体験も可能です。